すららが発達障害のお子さんに評判やクチコミがいい理由を徹底調査は

すららが発達障害の子に評判やクチコミがいい理由を徹底調査

タブレット学習教材すららは、発達障害のお子さんに評判やクチコミがいいと人気です。
なぜ発達障害のお子さんにタブレット学習すららが人気なのかについてご紹介します。

目次

すららが発達障害の子に評判やクチコミがいい理由を徹底調査

すらら 君の特性を活かした学習法!
引用:すらら公式サイト

すららは発達障害のお子さん、ADHD、ASD、LD、グレーゾーンなどのお子さんの特性を生かした学習法を取り入れています。

特別支援学級・特別支援学校にも導入されています。
さらに、全国で2500校の学校や塾でも導入されており、40万人以上が利用しています。

発達障害のお子さんの特性でこんなお悩みはありませんか?

発達障害のお子さんにこんなお悩みはありませんか?

  • じっと話を聞くのが難しい
  • 気分にムラがあって、なかなか続かない・・・
  • 集団行動が苦手

特に、ADHDやASDの傾向にあるお子さんは高い知能を持っている場合が多いです。
しかし、学校という集団の環境や、コミュニケーションの難しさから学習意欲の妨げになってしまっている場合も多いです。

自宅でもひとりでも勉強に向き合える環境と仕組み

大切なのは「自宅で一人でも勉強に向き合える環境と仕組み」です。
すららは、一人ひとりの特性に合わせて学習できる「無学年方式」を採用しています。

「無学年方式」は、学年を越えて、わからない問題はさかのぼって、理解ができているところはどんどん先へ行くという学習方法です。

引用:すらら公式サイト

苦手な項目が出てきたときに、AIが自動でそれを補う問題を出題してくれます。

苦手分野は基礎からしっかり克服し、得意分野はどんどん先取り学習ができるので、お子さんの特性に合わせて学習を進められます。

すららは発達障害の専門機関と共同開発されている

すららは発達障害の専門機関「子どもの発達化学研究所」と共同開発されています。

読み書きが苦手なお子さんにもわかりやすいように、個性豊かなキャラクターを使ったり、カリキュラム構成が作られているので、理解しやすくできています。

記憶を定着させるための「ワーキングメモリー」へのアプローチ

  • 勉強してもすぐに忘れてしまう
  • 同じミスを何度も繰り返してしまう

これらは発達障害のお子さんに限らず、多くのお子さんがお持ちの問題かと思われます。

脳科学の研究では「ワーキングメモリー(記憶)」を保持するには、言語と視覚の力が使われているということがわかっているそうです。

すららは文字、イラスト、音声で、多感覚学習ができる仕組みになっています。

「見る・聞く・書く・読む・話す」といった色々な感覚を使って学べて、ゲーム感覚で勉強できるので記憶に残り安くできています。

そのため時間を忘れて1人でも楽しく集中して勉強できる工夫がたくさんあります。

すらら 学習画面サンプル
引用:すらら公式サイト

必要な刺激を与え、不要な刺激を減らす

  • 勉強になると集中力が続かない
  • 目を離すとゲームをしちゃう・・・

ということは大なり小なりありますよね。

その原因のひとつに、周りの人の動きや物が「不要な刺激」となっているということがあるのかもしれません。

また、市販のドリルをさせている場合、文字ばかりで刺激が少ないために、つい他のことを考えてしまいやすいのかもしれません。

家庭用タブレットを使っている場合でも、講師が話しっぱなしのようなものだと刺激が少なく、つい眠くなってしまったりしている可能性も・・・

すららは先生がお子さんに対して質問をして、良い刺激を与えながら「対話式」で勉強を進めていきます。

キャラクターの先生が質問をして、正解すると褒めてくれるので、それがやる気やモチベーションへとつながっていきます。

引用:すらら公式サイト

不要な刺激・雑情報を減らす

すららは、ログインして最初に開いた画面に、すららコーチが設計してくれた毎日の勉強設計が表示されるので、やるべきことがすぐにスタートできる仕組みになっています。

あまりにいろいろな情報が入りすぎるとどこから手をつけていいか迷ってしまい、その小さなストレスが、教材から遠ざかる原因となってしまうこともあるので、やるべきことが一目瞭然でわかる仕組みは重要です。

頑張るといいことがあるを体験させるトークンエコノミー方式

すららは「トークンエコノミー方式」を採用しており、頑張るとよいことがあるという方法を提唱しています。

  1. 目標に向かって頑張る
  2. ご褒美(トークン)がもらえる
  3. 貯まったトークンで欲しいものを(報酬)をもらう

という循環でやる気を継続させています。

引用:すらら公式サイト

すららコーチが学習設計をお手伝い

  • こどもにうまく声をかけられない・・・
  • 分からないところが多くてどこから手をつけたらいいか・・・
  • 教え方がわからない

子供を勉強へ促すのは至難の業ですよね・・・
でもすららには現役塾講師のすららコーチがいて、子供の勉強設計を立ててくれます。
子供がわからない問題が出てきたら、質問する機能があり、コーチから解き方の回答がもらえます。
さらに、どうやって子供を勉強に促したらいいのかについて、保護者へのサポートもしてくれます。

すららコーチからのメッセージ

発達障害は、知的障害ではありません。勉強すれば高校へも行くことが可能です。学習の遅れ方もさまざまなので、まずは遅れの度合いをしっかり確認し、特性を詳しく教えてもらいます。学校や家での様子などを保護者から聞き取りして、その子に合った学習の進め方を考えていきます。一人ひとりに的確にアドバイスするためにすららの学習履歴画面を見ながら具体的な改善策を保護者にお伝えして、保護者にも関わってもらうようにしています。家庭学習はもちろんスムーズにはいきませんが、保護者が根気よく向き合っていけば、必ず子どもは変わっていきます。我が子の将来の可能性を開花させてあげたいというのが親心です。すららで学び、普通教室に入ることができたら、お子さまが将来自分のやりたいことを見つけていくのに役立つと思います。すららコーチは保護者を支えるアドバイザーとなりますので、ご遠慮なくご相談ください。

引用:すらら公式サイト

現役塾講師のすららコーチのおかげで、悩みが解決することも多いので有難い存在です。

すらら 発達障害のお子さんの保護者の方のクチコミ

発達障害のお子さんをお持ちの保護者の方の体験談をまとめました。

ADHD

優しく褒めてくれるから興味を持って集中できます!

娘は元々ADHDの特性があり「不注意優勢型」と言われています。4年生の時に診断が出ましたが、その時は将来に対する不安を感じました。興味のあることは集中して頑張れる子ですが、勉強したことをすぐに忘れてしまう傾向にありました。すららの体験学習をして、前の学年から復習できるところに魅力を感じ、娘も面白いと言っていたので入会を決めました。勉強も時間を決めてあげると、ゴールが見え、達成できたことが娘の自信に繋がっているようです。「機械」なのもすららの大きなポイントです。人だと簡単な問題に時間がかかるとイライラしてしまうと思うんですが、機械はそれでも褒めてくれます。特に、すららはアニメのキャラが優しく声をかけてくれるので娘もやりやすいと思います。すらら学習を通してできることが増え、少しずつ不安は解消されてきています。

グレーゾーン

すららの先取り学習が友達と会話のキッカケに!

息子は診断は出ていませんが、ADHDの傾向がありました。将来のためにも勉強をさせたかったのですが、普段授業で集中するのが難しく…。勉強に遅れが出るのではと心配にはなり、先取り学習をさせたいと考えていました。そんな時に近所の教室がすららを導入していると知ったのがキッカケです。すららは何度も戻って学習が出来るので、授業内容も理解がスムーズになり理解定着が感じられます。すららコーチからも学習履歴の共有、子供へのアドバイスや褒めることの大切さなど欲しいアドバイスをいただけるので、ちゃんと見守ってくれている安心感があります。最近では「学校で友だちに勉強を教えてあげたんだ!」と、とても嬉しそうに話してきました。人との関わりに難しさを感じていた息子がすらら学習を通じて友だちとのコミュニケーションのキッカケまで出来て、親としてとても嬉しく思っています。

ASD

収集欲が功を奏し、月50時間の学習!

息子はASD(自閉症)で人とのコミュニケーションは得意ではなく、小学校の時から支援級に通っています。何かをしないといけないかな、と色々模索はしていて、家でできる教材を探していたところ、すららを見つけました。発達障害の子どもにも対応して、好きな時間にできそうだったので、入会を決めました。最初はなかなか苦労しましたが、少しずつ学習を進めていると、ある日息子が「卵」を見つけたんです。その卵を割るのにハマってハマって(笑)目標があると頑張れる子なので「ミッションをクリアして卵を割る」という目標が定まって、積極的に楽しく頑張れるようになりました。気付いたら月に50時間以上勉強するようになっていました。また、すららの「さかのぼり学習」がとても有難いです。塾や他の学習教材では難しいことなので、まさに私たちが求めていたものでした。今は支援級に通いつつも、内容は同級生と同じ学習内容を勉強させるように学校には伝えていて、中学校から副教科は通常級で授業を受けています。

すららを使った息子の体験談

息子が小学校6年生のとき、コロナ禍で学校が一斉休校になったことをきっかけに、すららを始めました。

息子の場合は、発達障害の診断はされていないものの、すぐに注意力が散漫になり、なかなか勉強への集中が持続しませんでした。

算数は自主的にやっていたものの、他の教科は全く手をつけようせず、バランスの悪さが悩みでした。

すららコーチに相談すると、算数は受験の基礎となる部分なので、今は算数だけやっていたらいいですよとアドバイスしていただきました。

算数だけをしたらいいということに喜んだ息子は、勉強時間が大幅にアップし、たったの4カ月で中学2年生の数学まで先取り学習で終わらせることができました。

すららは「今日はここまで」といった区切りがいい意味でないことと、勉強に集中しやすい条件が整っているので、ついつい夢中になって時間を忘れて勉強していて、そんなことはこれまでなかったので驚きでした。

算数だけを学ばせることに対しては賛否両論あるかもしれませんが、息子の場合はこれにより明らかに勉強へのモチベーションや集中力がアップしました。

親だけではこの発想にはたどり着けなかったので、すららコーチのご指導に感謝しています。

すららは不登校の生徒でも出席扱いにもできる教材

すららは不登校のお子さんでも出席扱いにすることができる教材です。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。

すららの料金は?

すららの料金についてはこちらでまとめたのでご参照ください。

すららは発達障害のお子さん

まとめ|すららが発達障害の子に評判やクチコミがいい理由を徹底調査

すららが発達障害のお子さんに評判がいい理由についてまとめました。

もしお子さんが発達障害やグレーゾーン、または診断こそ受けていないけどあてはまる特性があるとお感じの方は、ぜひ一度すららの無料体験をしてみたり、資料請求をして詳細を確認してみてくださいね。

無料体験についてはこちらでまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次